ご予約・お問い合わせ
診療時間

MENUCLOSE

*

設備紹介

DEVICE

*
*

妥協しない設備選びで
安心・安全な診療を提供

茅野市宮川のこいけ歯科・矯正歯科は、地域の皆さまに信頼される歯科医院を目指してこだわりの先進設備、世界基準の衛生設備を揃えて安全かつ質の高い診療を提供します。

CLEAN&SAFETY

感染管理の質を高める世界基準の衛生設備

*
クラスB滅菌器

患者さまに衛生的で安全な治療を提供するために、院内感染予防への取り組みが不可欠です。歯科医療の現場では、お口に入る診療器具に唾液・血液が付着しやすく、器具の衛生管理が徹底されていないと付着物を介してHIV(エイズウイルス)、新型コロナウイルス、虫歯・歯周病などの感染リスクが高まります。
茅野市のこいけ歯科・矯正歯科では、最も厳しいといわれる基準をクリアしたクラスB規格の滅菌器を導入しています。クラスB滅菌器による高温・高圧の飽和水蒸気で、洗浄・消毒では限界があった細菌までも徹底的に滅菌します。

  • 消毒…
    細菌の感染力を弱らせ、害のない程度まで減少
  • 殺菌…
    対象となる細菌のみを殺すことが可能
  • 滅菌…
    あらゆるウイルスや細菌を完全に死滅・除去
*
世界最高基準「クラスB」
とは?
*

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)には、ヨーロッパで定められた3つの基準(クラス)があり、一番下からクラスN、クラスS、そして当院が導入しているクラスBと分かれています。クラスによって滅菌が有効的な器具の種類や条件などが違い、クラスB滅菌器だけが器具の形状・種類に限らずすべての菌やウイルスを徹底的に死滅させることができます。

  • *
    ハンドピース
    専用滅菌器

    歯を削る際に使用するハンドピースは、小さく複雑な形状のものが多いため、専用の滅菌器による高圧蒸気で内部の奥に潜む細菌をしっかり滅菌していきます。

  • *
    ハンドピース
    専用洗浄器

    手洗いでは限度がある複雑な器具の内部も、専用の洗浄器によって自動で徹底洗浄・注油(メンテナンス)を行い、洗浄・滅菌作業の効率化や人為的ミスを減らします。

  • *
    高性能洗浄器

    汚れが付着したままだと、いくら滅菌しても意味のないものになります。滅菌処理の前に高性能洗浄器による自動洗浄で、器具の奥にこびりついた汚れも落として消毒まで行います。

  • *
    口腔外バキューム

    診療時は目では認識できない細かな水や有害な粉塵が空中を舞います。それらを患者さまが吸い込んでしまわないように素早く吸引することで、治療空間を清潔にキープします。

  • その他の院内感染予防への
    取り組み
    器具の洗浄・消毒・滅菌後は、次の使用まで人の手や空気に触れないよう専用のパックで保管します。滅菌が不可能な器具などはなるべく使い捨てのものを使用。また、医院スタッフ全員が衛生管理に対して高い意識をもち、細かな部分まで気を配りながら感染予防に努めます。
    • 使用まで滅菌状態で保管
    • 使い捨て器具の活用
    • スタッフ全員での衛生管理
当院は感染対策強化型診療所として認定されています。
CLEAN&SAFETY

的確な診断・高度治療を支える設備

*
歯科用3D(立体)CT

従来のレントゲン撮影で確認できることは限られた方向からの平面画像のみでした。茅野市のこいけ歯科・矯正歯科では、正確な診断を行うために3次元(立体)撮影が可能な歯科用3DデジタルCTを導入しています。
歯だけではなく顎の骨の形態や⾻量、神経・⾎管の位置などの内部構造が多視点で3次元的に検出できるため、一般的な歯科治療をはじめ矯正治療やインプラント手術のシミュレーション・診断においても欠かせません。
また、歯科用CTは医科のものと比べて撮影部位が限定できるので、撮影時間・X線の被曝量を軽減し、患者さまへの負担を最小限に抑えます。

シミュレーションで
より精度の高い矯正治療を
セファログラム撮影
*

こいけ歯科・矯正歯科が導入している歯科用CTには、セファログラム(頭部X線規格写真)機能が搭載されています。
セファログラムとは、矯正治療の質を向上させるために不可欠な機能であり、「顔の骨格」「⻭の傾斜⾓や位置」「顎の形」「口元のバランス」「かみ合わせ」などをレントゲン撮影で確認していきます。また、規格化された撮影方法は現状の分析のみならず、経時的な成⻑評価や記録に大きく貢献します。

*
セファロ分析
・画像診断ソフト
*

セファロ分析・画像診断ソフトを⽤いて、⾻格や⻭の位置・傾斜⾓、軟組織の状態などを細かく分析し、問題点の抽出や治療⽅針の⽴案を⾏います。さらに、治療結果のシミュレーションを⾏うことで、患者さま⼀⼈ひとりに最適な矯正治療プランのご提案が可能になります。
治療終了後の顔貌のシミュレーションは、実際に患者さまご⾃⾝の⽬でご確認いただけるので、矯正治療に向けての⼤きなモチベーションの向上につながります。

より機能的な
かみ合わせを追求
フェイスボウと咬合器、CPIを利⽤して、かみ合わせのずれ、すなわち顎関節の位置のずれを測り、診査することがあります。レントゲン画像などのデジタルデータだけでは把握できないかみ合わせを咬合器上で⽴体的に再現することで、より詳しいかみ合わせの診査・診断が可能となります。
*
  • *
    拡大鏡

    ライト付き拡大鏡による「見える」精密治療で、肉眼では見逃してしまう小さなむし歯や歯ぐき下の歯石なども明るく鮮明に捉えます。

  • *
    カウンセリングソフト

    治療を進める中で、患者さまの「理解」「納得」が重要です。患者さまの不安を少しでも軽減するため、イラスト・写真を用いて検査結果や治療計画をわかりやすく丁寧にご説明します。

  • *
    唾液検査キット

    採取した唾液で、細菌の量・虫歯に対する抵抗力・口腔内の清潔度が分かります。検査結果から、患者さまのライフスタイルに沿った予防プログラムをご提案。

PAINLESS

痛みや不安を和らげる取り組み

*
電動麻酔注射器&極細針

治療の痛みを軽減するための麻酔ですが、その麻酔の注射が一番痛いと感じる方も多いのではないでしょうか?
麻酔注射による痛みは、注入スピードや圧力の不安定さによって引き起こされます。茅野市宮川のこいけ歯科・矯正歯科では電動麻酔注射器を導入し、コンピュータ制御による安定した圧力・スピードで、麻酔注入時の痛みを大幅に軽減できます。また、極細針(外径0.2mm)を使用することで痛みを抑制しています。

*
さらに麻酔時の痛みを
緩和する工夫
*

麻酔注射の前に針を刺す箇所の歯ぐきの表面へ「表面麻酔剤」を塗布し、感覚を麻痺させることでチクッとした針が刺さる痛みを軽減します。また、麻酔液の冷たさが体温との差でとても冷たく感じ、それが痛みへとつながります。麻酔液と体温の温度差を近づけるため、麻酔液を温める「カートリッジウォーマー」を利用して温度差による痛みを抑えるなど、様々な痛みに配慮した取り組みを行なっています。

ページの先頭へ戻る